カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の31件の記事

2018年1月 2日 (火)

明けましておめでとうございます&1月8日(月・祝)お店に出ます

 新年あけましておめでとうございます。

 2018年よろしくお願いします。

まずはお知らせです。

臨時で1月8日(月・祝)にお店に出ますので、よろしくお願いします。

さて日々、タロット1日枚引きを続けていますが、節目の時には大アルカナ2枚引きをしています。

★ 今年1年はどんな年になるか?

【魔術師】【隠者】の組み合わせ

意味としては「定住することなく移動し続ける/哲学・思想・宗教など非物質的なものの持ち込み」

になります。占星術もタロットも、物質・非物質の世界に半分ずつまたがっているような体系です。また、数年前からヘミシンクに取り組んでいますので、目に見えない領域の情報をダウンロードをして、物質世界に新規なものを持ち込む、という解釈ができます。

恒星占星術をやるには、意識を目に見えない領域に飛ばして探索しないと進まないところがありますので、コレをやるんかいな、ですね。

 そもそも、鑑定する、こと自体が【魔術師】【隠者】の組み合わせみたいなものです。

毎日、現実世界の仕事や家事・育児に雑用に追われていますが(汗)、目に見えない世界との繋がりを中心に据えて生活の見直しをしていきたいと思います。

(あ~でも、まずはゴミ捨てだ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

日本はなぜ、仕事と育児の両立が難しいのか 愚痴です(笑)

 遡ること、20ン年前、まだ私が駆け出しのサラリーマンだった頃、香港支社の同僚やブローカーと電話・メールでやり取りをする毎日を過ごしていました。(金融のバックオフィス勤務だったので、電話・メールなしには何もできんかった)

 海の向こうの同僚たちとは、顔を合わせたことはなくても顔馴染みならぬ耳馴染み状態の仲良しだったんですが....彼女たち香港娘さんたちは、働きながら次々にMaternity Leave=産休を取るんですね。そして数カ月~半年もすれば職場復帰して、まだがつがつ働く、という逞しい働きぶりを目の当たりにして、『は~すごいな~、日本もいずれは子供を産んでも共働きが当たり前な社会が来るに違いない』と思っていました。20ン年前は。

 香港は家賃・物価が高く、夫婦共働きでないと暮らせない、フィリピン人メイドがごく普通の家庭でも雇われ家事・育児をしてくれている、という特殊事情もあったでしょう。

 にしても!確かに日本も共働きはだいぶ浸透してきました。でも妻が出産後も出産前と同じようなフルタイム正社員として働き続けるのは難しく、非正規やパートタイムといった働き方を選ぶ人が多かったり、時短勤務でマミートラックに塩漬けにされたり、子供が小さいうちは仕事を辞めたり、と様々な制約が大きいのが現状です。原因はホント、色々なので一つ一つ上げてくのも大変ですが、私が特にやり玉に上げたいのは、日本の長時間労働問題。と家事・育児を誰がやるのか問題。

 長時間、会社に居続ける人、が仕事をしているもしくは出来るとみなされ、重要な仕事が割り当てられます。また父親が長時間労働で、会社に拉致監禁状態であれば、育児も家事も母親にのしかかってくるでしょう。なんで、こんなに日本は労働生産性が低いのか、無駄な仕事が多すぎるんじゃないのか、と思ったりするわけですよ。基本、会社での長時間労働 + 家事・育児はムリゲーです。

 当時の香港支社ではどうやって、子持ち社員を働かせていたのか、もはや知る術はないですが、記憶では長時間労働はしてなかったと思います。もちろん、将来の幹部候補や管理職はそれこそ長時間労働でしたけど。そういう人は家事・育児は外注丸投げでしたね。当時シンガポール支社で管理部門長をしていた女性は3人の子持ちでしたが、『I have two domestic help』と言っていました。住み込みのお手伝いさんが二人もいて、お任せなんです。何だろう、この文化の違い。

 とはいえ、賃金が一向に上がる気配のない我が国ではもはや夫婦で働かないと飯は食えないし。会社の経営陣も男性に専業主婦と子供を養えるだけの賃金を払う気はないだろうし(払いたくても無理か)。でも、子持ちで働き続けるには障害が多すぎる。そりゃ、少子化にもなるでしょうよ、とちょっと愚痴ってみました。何ら展望のない駄文でお粗末様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

あけましておめでとうございます & 1月9日お店に出ます 

あけましておめでとうございます。

2017年もよろしくお願いします。

今月は通常の第4日曜日はお休みますが、代わりに9日(月・祝)にお店に出ます。

 昨年末は気管支喘息と本業の仕事の忙しさで参ってましたが、今は病状は落ち着いています。もちろん、ステロイド吸入と服薬は続けてますが。症状が落ち着いたからと言って薬をさぼると慢性化するのはわかっているので、朝晩と気を張って忘れずに吸入と薬!と続けています。息子も小児喘息持ちなので、親子で吸入....アレルギー体質は遺伝するので...すまん、息子よ!

 私はそれほど重症ではないものの、アトピー性皮膚炎持ちでもあり、体調が良くないせいか、去年まで問題なかったウールのマフラーで首回りがかぶれました(泣)かぶれた場合、何が原因か、突き止めるのは意外と難しいです。肌に触れるもの全部、と場合によっては口に入れるもの全部、疑っていかないとならないので。以前は問題なかったものでも、体調によってはかぶれやアレルギー反応がでたりします。基礎化粧品も問題なく使えていたものが、急に使えなくなったりします。化粧も基本できず、日焼け止めのみです。

 アレルギー体質は完治はせず、症状を対処療法でコントロールしていくしかないのはわかっているので、もう気長に一生付き合っていきます。

土星・海王星のアスペクト持ちの何割くらいが、アレルギー体質なのか、統計取りたいくらいですね。アレルギーの何が大変かって、QOLが下がること。命にかかわるほどでない場合でも、生活全般が不自由になるので、ストレスたまります。

 人生、自分に与えられた条件で勝負するしかないので、2017年、少しでも色んなことを改善していきたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

10月14日(月・祝)お店に出ます&アロマテラピーサロン

 10月14日(月・祝)、お店に出ます。

涼しくなって風はさわやかですが、日中は湿度が高くて妙に暑くないですか?

台風の影響なんでしょうね。

14日は台風に襲われないと思いますので、皆様、気軽にお出かけ下さい

台風に直撃されると外に出るのもままなりませんので。

 

 昨日はお世話になっているアロマテラピーサロンへ行ってきました。

身体中、凝りに凝ってバキバキです(泣)

三鷹にある「SATOWA」さんです。こういう身体のケアの施術は、施術者の当たり外れが多いと思いますが、ここは「当たり」ですよ。筋肉をゴリゴリほぐしていくので、凝っている身としては痛いですが。身体と心双方の不調を調整していく感じです。

 施術中、身体が軽く気持ち良くなり、そのまま眠り込んでしまうことも多いです。

お近くにお住まいの方はおすすめですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

9月16日(月・祝)お店に出ます

 ようやく、暑さが和らぎましたね。16日(月・祝)第三の眼のお店に出ます。

もうすでに12時からご予約は入ってますが、15時~は空いてます。

 16日は今よりもう少し涼しくなっていて欲しいです。

トランシット天王星と冥王星スクエアはゆっくりと、でも確実に社会の変革を促しています。

キャリアになる動きの速い天体が引き金になって、劇的な事件という形でこのスクエアの影響が爆発することもありますが、むしろ根底から変わる時は、毎日少しずつ変わっていく方が影響が強いものです。10年後、20年後、2011年~2014年頃が大きな歴史の転換点だったんだな、と実感するに違いありません。

 個人的な話をすれば私のネイタル月と金星は牡羊座の10度近辺にあります。

 天王星・冥王星の変化の影響をダイレクトに受けているわけですが、月も金星もプライベートな側面が強いので、日常生活面に影響は出やすいです。もちろん、社会生活にも間接的に影響は出てますが。

 「子供のいる生活」ということで生活は一変しました。それから、私は大変、片付けや掃除が苦手なのですが、去年から断捨離と整理整頓に取り組み、何とか「人並み」レベルまで片付けが出来るようになりました。軽トラック一台分くらいのものは処分したと思います。本とCDだけで800点くらいブックオフに売りました。モノは増やしてはいけませんね。

とはいえ「断捨離」出来たのはは天王星・冥王星効果のおかげです♪

 

天王星・冥王星スクエアの身近な使い方でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

7月15日(月・祝)お店に出ます&手足口病

今年は暑い夏が長く続くそうで、今からこれでは先が大変ですsweat01

さて7月15日(月・祝)に第三の眼のお店に出ます。

皆様、お気軽にお出かけ下さいませ。予約は15時~から空いています。

トランシットの木星が双子から蟹に移動し、世の中の雰囲気が少し変わりましたね。

トランシット木星は年ごとの流行を作り出します。

社会の意識が身近な日常や生活に焦点を合わせてきます。

お金の流れも身の回りのものや家族のために使う方向に行く一年です。

ですが、途中でトランシット天王星・冥王星のスクエアと合体してT-スクエアになるので社会的に大きな事件が起きやすい変動の一年です。

 話は変わりますが、首都圏では子供の手足口病が流行中で、警告レベルに達しました。

...保育園でも流行っていて息子はしっかり手足口病にかかりました(泣) ウィルス性の夏風邪で、高熱が出て口と手足を中心に赤い発疹がでます。特効薬はなく、対処療法のみです。ちなみに大人も感染します。

小さなお子さんがいる家庭は気をつけて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

6月15日(土)お店に鑑定に出ます&転籍

 6月15日(土)ですが、Nobukoさんの代理でお店に出ます。

今年の4月、5月は例年になく寒い日々が続いていて体調を崩す人が多かったですね。

我が家は息子も相方も私も一家全滅状態の風邪っぴきだったりしましたtyphoon

ここ数日、ようやく暖かくなってきました。6月の半ば頃にはもっと暖かくなっているでしょう。

皆様、よろしくお出かけ下さいませ。お待ちしております。

 本業の仕事に復帰して1か月が過ぎ、少しは通勤に身体が慣れてきたところで、実は会社を変わります。勤務している会社がオペレーション部門を業務と人員まるごと別会社に移管しまして、アウトソーシングすることになりました。ドナドナされていきます(泣)

 バックオフィス部門の仕事は基本、収益に繋がらないコストとみなされますから、会社の上層部は切りたくてしょうがないんです。首切りに合わなかっただけ恵まれていると思うようにします。実際、他社では業務だけ移管して従業員は首、という話も聞きますし。

  5月20日から別会社で別のオフィスで勤務です。通勤時間は伸びるし、出社時間は早まるし、でいいことはないです。5月20日は息子の1歳の誕生日なのに、何の因果か....

去年の5月21日、金環日蝕は私のネイタル太陽とタイトにスクエア、今年5月10の日蝕は私のMCにスクエアですし、社会的な立場が大幅に変わる時期なのでしょう。

 転籍先の会社設立図を出してみて、木星が私のMCと合だったので、保護はしてもらえるかな?という感じです。活躍の場は与えてもらえそうですし、子供抱えている身にはいいのかもしれません。今は頑張って仕事を続けていくしかないですね。

 これだけは言えます。状況が許すなら、出産しても仕事は辞めてはいけませんよ。何がおこるかわからない時代です。誰かに頼るのではなく、自分の食い扶持くらい自分で稼ぐスタンスが一番、安全確実です。日本という国にも頼れなくなる時は目前に迫っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

息子の予備の名前

 息子の名前は「匠(たくみ)」です。

 名づけについては、あらかじめいくつも候補の名前を用意していました。漢字一字で、ちょっと中性的なイメージがあり、なおかつキラキラネームではない、が決め手でした。

 私の父方では何故か、漢字一字の名前をつけるという慣わしが続いていまして、それに便乗しました。私自身は漢字二文字の名前ですけど、弟は一字ですし、父の兄弟は父を含めて5人全員、漢字一文字の名前です。祖父も一字名前です。1900年生まれの祖父の伯父ですら、一字名前「明(あきら)」でしたから、徹底してます。もはや由来は不明ですが、面白そうなので一字にこだわってみました(笑)

 牡牛座過剰の子なので、『匠』というある意味、安直な名前です。

以前のブログ記事「2つの名前 両親からの贈り物」で、私自身の名づけ候補に挙がった名前について書きましたように、候補に挙がった名前は息子にも将来、自分で好きに使うように教えるつもりです。

候補に挙がったのは「望(のぞむ)」「倫(りん)」「昴(すばる)」「環(たまき)」でした。

 「望」... 希望の意味をこめて

 「倫」.... 倫理観から。あと、海外に行って通用しやすい

 「昴」.... これも牡牛座由来です

 「環」..... 金環日蝕から

何で「匠」に決まったか、には面倒くさいいきさつがありました。

義母が姓名判断を見る人で、許可が出たのが「匠」だけだったんですね。

 姓名判断も色々考え方や流派があって、特にさんずいのつく漢字はさんずい分の画数を3と数えるか、4と数えるかで解釈が分かれるそうです。(私の名字はさんずいがつきます。)画数が一つ違うだけで意味が全然違ってしまいます!本やネットで姓名判断は調べたのですが、もともと詳しくないですし正直あまり関心もないので、ここは義母の顔を立てました。

 遠方ということもあり、普段息子夫婦に干渉してこないありがたい義母ですから、これくらいはしませんと。今では「匠」は響きがすごい気に入ってます。

人生の匠になって欲しいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

火星と天王星の合とIT

 トランシットの天王星と冥王星はずっとスクエアの角度をとり続けています。

 動きの早い天体がこのスクエアに対してアスペクトをとると急激に事件が起きやすくなります。より速度の速い天体は、遅い天体の影響を運ぶ役割を果たすからなんですが、とりわけトランスサタニアンに対して、火星は運び屋になりやすいです。火星本来の動きとして派手に事件化しやすいからです。

  3月の半ば頃から4月に入る辺りまで、牡羊座を運行する火星は天王星と重なり、刺激してました。何か大きな事件があったかというと、世間的には目立った悲惨な事件も起きず、むしろ日本のマーケットは円安・株高と動きがダイナミックになっているくらいです。

 これは双子座を運行している木星が、牡羊座の火星に対してセキスタイルで援護射撃しており、事件化せずにソフトランディングしているからです。

 牡羊座10度近辺に個人天体のある人は、3月中面白い動きがあったはずです。

人それぞれなところはありますが、「自分の苦手分野に集中的に取り組んで突破する」という使い方ができた人が多かったと思います。

天王星と冥王星スクエアの現状突破パワーを火星木星が集中化させやすかったからです。

私個人の体験では火星・天王星の組み合わせに正面から取り組みましたimpact

アスペクトで火星・天王星はテクノロジー・機械モノを表します。IT関係にも明るくなります。この3月、私が取り組んだのはiPhoneとパソコンです。大変、べたな使い方ですが(笑)

 何せiPhone3GSをずっと使い続けてきたにも関わらず、その間1年半ほどの間に一度もパソコンと同期もせず、OSの更新も怠り、という体たらく。恥ずかしながらiPhone5に機種変しても3GSのデータを無事に移行させるのに、えらい苦労しました。原因は容量がたった30GBしかないおんぼろパソコンにiTunesを入れて動かしていたからです。そりゃあ、パソコンが悲鳴を上げますよ。新しいパソコンを買い、新人君の容量は2テラバイト。好きなだけデータを入れられます。同時にiPadminiも購入し、もっぱらkindle本を読むのに使っています。

 快適なIT環境を手に入れるのは私にはハードルが高かったわけですが、火星・木星・天王星・冥王星コンビの助けを上手に借りて何とか乗り切れた感じです。これからちょっとITの動きには目配りする予定です。しかも我が家は相方がIT技術についていくのを億劫がって、私に投げてきます.....まだ40過ぎなのに。

 よほど好きでない限り、年とともに新しい技術についていくのは億劫になるものなので、自戒の意味を込めてキャッチアップしていきたいですねsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

2月11日(月・祝)鑑定に出ます & 日本の人口減

 暖かくなったり、寒くなったり、東京の気温は不安定ですね。さて、2月11日ですが、臨時にお店に出ます。皆様、気軽にお立ち寄り下さい。

 どんな仕事もそうですけど、なるべくブランクは空けない方がいいです。仕事には「仕事カン」というものがありまして、それを取り戻すのは結構大変だからです。

まだ私は仕事を離れて1年経ってません。カンは鈍ってないでしょう。2~3年も離れているとこのカンを取り戻すのに時間がかかるので、ブランクはなるべく設けたくないです。

  本業の金融業の方も4月復帰を目指してただいま保育所の入所待ちをしています。

日本全国で見ますと出生数は順調に!減少しているのですが、どうも局地的に我が家の周囲ではベビーラッシュな感じです。今年は0歳児と1歳児の待機児童が多くなりそうです。そして公立の保育所は落ちました...(涙)今は私立の発表待ち&キャンセル待ちです。

 とにかく現在進行形で働いていた方が保育所は入りやすいので、4月から預けて働く予定です。どこも受からなかったら、身内に頼ります。しかし、どうして保育所を増やさないのでしょうか。少子化を食い止めたかったら、女性が働きつつ子育てしやすいように環境を整備する以外に道はないのに。これでは夫婦共働きで子供を2人、3人育てるのは現実的に難しくなってしまいます。私は高齢&妊娠が負担になる体質なので、2人目は無理ですけど、叶うなら2人目は欲しかったですね。

 社会の様々な矛盾やしわ寄せは、真っ先に社会的に弱い存在=子供と母親がかぶっている状況です。でも長い目で見れば、この小さな島国に1億3000万人もの人間がひしめくのが過剰なのであって、減少すること自体は自然な流れでしょう。江戸時代末期で日本の人口は3100万人ほど。化石燃料に頼らずにこの国が長期的に養える人口はこれくらいなのです。過去の歴史を振り返っても、飢饉・疫病・戦争以外で急激に人口が減少したケースは稀なので、人類史上初のステージに日本は突入していっています。

 衰退の時代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)