カテゴリー「占星術」の55件の記事

2017年9月 7日 (木)

トランシットのドラゴンヘッドとテイル

 トランシットのドラゴンヘッドとテイルで小ネタを披露しましょうか。

トランシットをチェックする人でも、ドラゴンヘッド・テイルの動きまでチェックする人はどれくらいいるかな?チャートの重要天体か軸にかかった時には気にする、ぐらいでしょうか。

 天体と違って目に見えてはっきりとして影響が出るものでなく、じわ~と何となく影響が出るといった傾向があるようで、後から振り返ると、アレがそうかも、という出方をしやすいみたいです。もちろん、他のトランシット天体とアスペクトを取っていれば、相乗効果で派手に出たりもします。

 そして、ヘッドとテイルでは出方が違い、

ヘッド .... これからのご縁につながる動き

テイル .....  過去のご縁の見直しにつながる動き

という形ででやすい感じですね。

 この夏、トランシットのドラゴン・テイルが私のネイタル太陽・水星の上を通過していました。

めぼしい動きとしては、

・以前、鑑定にお見えになった方とひょんなことから再会(単ににリピーター客としてお見えになったのではない、特別なルートでの再会でした)

・学生時代の友人からのお誘いがあり、25年ぶりに二人で食事をして、昔話に花を咲かせたこと。離れているので、お互いにスケジュールをすり合わせた上での再会でした。

・今まで、先送りにしてきた仕事の問題点・ツケと嫌でも向き合う状況になったこと。まだ逃げ腰なんですがね...

・長年、放置してきた実家の不具合を業者に依頼して修理してもらったこと。トイレや水回りですとか。

再会ぐらいあるよ、と思われるかもしれませんが、出会って話をした内容が、『今、自分が見直しが必要なものだよ』というメッセージ性の強いものでした。

テイルですと、わかりやすく葬り去りたい悪縁がまた戻ってくるかな、とも思いましたが、今の私の場合、違うみたいです。人生折り返し地点なので、人生後半生に向けての仕切り直し、のメッセージばかりでした。

 都合の悪い過去を封印したままだと、それ以上先に進めないことがあります。

トランシットのドラゴンテイルはそれを私に気づかせてくれたのでしょう。

 トランシットを見る際、ドラゴンヘッド・テイルがチャートの天体や軸に触れてくるなら、その天体・ハウスの動きにちょっと目を配ってみましょう。もしかして、というメッセージやご縁があるかもしれません。気を付けてないと見落とすくらいかもしれないですけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

喘息の再発 11月27日(日)の鑑定はお休みします

 直前のお知らせになってしまいましたが、11月27日(日)の鑑定はお休みします。前からご予約を入れて下さったお客様にはキャンセルをお願いして申し訳ないです。

実は8年ほど前に気管支喘息を患って、その時完治させたのですが、この度再発しましたannoy

 肺と気管支が炎症を起こしているものですから、胸は内側からじくじく痛むわ、ひっきりなしの咳と痰で腹筋が筋肉痛になるわ、夜中咳と痰吐きで起きるので睡眠不足になるわ、声を出すのも辛い状態です。前回に比べて症状が悪化するのが早かったですね。

 数年前から風邪の度に、空咳が続きやすく再発の兆候はあったのですが、今回風邪ひきから1週間ほどで激しい症状が出てびっくりしました。月曜日に喘息の専門医に行って飲み薬と吸引の薬を山ほどもらい、胸の痛みはだいぶ治まりました。手のひらサイズの紫の平ぺったいポケモンボールのようなカートリッジ式吸入薬には中程度のステロイド剤が入っていたので、それなりです(;´д`)トホホ…

 発作的な咳はまだ続いていて、苦しいです。慢性化・重篤化させると日常生活もままならなくなるので、頑張って完治させます。

 私の場合、トランシットの土星・海王星の影響はこれで来たか!という感じです。(や、他にも現象はでたんですがね)

 私のASCは双子座11度です。射手座の土星・魚座の海王星でのスクエアはあちこちで混乱を引き起こしてますが、身体に出た場合はアレルギー疾患や神経系の病、原因不明の病気などで出やすいです。肺・呼吸器は双子座の管轄で、私はもともと肺に弱点を抱えています。8年前は土星が乙女座で魚座の天王星とオポジションでしたね。、1年ずれましたが7年サイクルの土星が引き起こしている病気です。重い天体のトランシットが病気を引き起こす場合、アスペクトが終わってから発症することが多いので、これもセオリー通り。

 そういえば、職場の同僚もこの夏、脳腫瘍の手術をしました。彼は土星が魚座の10度近辺です(生まれ年月しかわからないので大体です)。この場合は、頭蓋骨が土星で中身の脳と腫瘍が海王星に対応します。同僚の場合、手術で腫瘍を完全に取り除くことはできないらしく、これから病気と長く付き合っていくことになるそうです。

 この夏、柔軟サインの10度近辺に天体や感受ポイントのある方には、結構辛い時期でした。

こういうトランシット時期、何かトラブルが起きたら、むやみに不安がらずに(これも海王星の象意です)一人で悩んでいないで、周囲に相談して適切に行動した方がいいでしょう。冷静さが大切です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

明けましておめでとうございます&1月10日(日)にお店に出ます

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

1月は第4日曜日でなく、第2日曜日の10日にお店に出ますので、よろしくお願いします。

2016年はどんな1年になるのでしょうか...

オーブは外れつつあるものの、トランシットの天王星・冥王星はスクエアからスタートしますし、1年を通じて土星と海王星はスクエアを形成します。

痛みを伴う変化の流れは続きますし、土星・海王星スクエアは拠り所、立ち位置がどうしても不安定になります。上手く使えれば、しがみついているモノ、考え方から離れて自由になれますが、ショッキングな体験はしやすい星回りです。

金融屋の立場からすると、2016年中に数回予定されている米利上げで市場は荒れるんだろうな、という懸念があります。利上げはした方がいいですが、どうしてもショックが大きい。このあたりも天王星・冥王星スクエア、土星・海王星スクエアっぽいですね。

トランシット木星が秋口に乙女座から天秤座に移行しますので、社会のムードは変わってきて、オープンさと華が出てきます。でも、天王星・冥王星とT-スクエアを形成するようになると、「変化」が加速化して社会に普及するようになります。天王星・冥王星の影響が社会を構成する私達の意識にのぼりやすくなるからです。良き変革に繋げていけるようにしたいですね。生活や人生そのものを根底から変えたいならチャンス時期ですよ!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

女性が火星を使うには

 占星術上の10個の天体全てを自分のものとして、使いこなせている人はほぼいません。

特に3つのトランスサタニアン、天王星・海王星・冥王星は公転周期が長く、人の一生を超える影響力を持つので振り回されっぱなし、という人が多いです。

 では、トランスサタニアンまでいかない、3つの社会天体、火星・木星・土星なら自由自在に使いこなせているか、というと使いこなせている人と、ダメな人に分かれます。太陽すら発揮できていない人も一定数います。結構、年齢を重ねているにも関わらず、個人天体の月・水生・金星にもっぱら頼り、それ以外の天体の力は周囲に任せたり、影になっている生き方も珍しくないです。

 実際、鑑定にお見えになる女性にたま~に見受けられるので、ちょっと取り上げてみました。

結婚後、家庭に入って働いておらず、社会との接点が乏しいケースに多いですね。

とりわけ、活力・攻撃力・人生を戦い抜く力を表す火星が活性化しておらず、無自覚ですと、様々な人生の不調として現れやすいのです。チャート上の火星の性質によって出方は色々ですが、火星は怒りの感情に直結しやすいので、不平不満をためた結果の原因不明の身体の不調、ご近所や家庭内の不和といった対人関係トラブルで出やすいのです。ただ、社会通念上、火星は男性的な性質と親和性が高いので、女性が発揮しにくい事情はあります。

火星を穏当に使う一番の近道は、身体を動かすこと、スポーツなんですね。

火星を使えていない女性の共通点は、「日ごろ全く運動していない」です。

生活に運動する習慣を組み込んでいる女性は火星が「動いている」ので、火星由来のトラブルがあっても、何とか自分で対処できてます。身近な例ですとママ友トラブルや嫁姑バトルが勃発しても、やり合ったり(活動サインの火星)、スルーしたり(固定サインの火星)、うまく落としどころを見つけたり(柔軟サインの火星)、とかわせます。

  うまく使えていない天体は影になり、身近な人間に投影します。女性の場合、火星は身近な男性に投影しますので、夫・兄弟・息子・恋人などに身代わりをさせようとします。でもこの身代わりは松村先生の例を引き合いに出すと、『お腹がすいたから、代わりに目の前で食事してよ』という感じで、食事したつもりにはなっても、空腹は満たされないものです(笑)関わる男性との関係がいつも不安定で、相手に不満を抱く人は、相手に自分の火星像を投影して、相手がその通りに動いてくれないところからくるのでは、と一度疑ってみた方がいいでしょう。

 火星の有効な使い方としては、運動以外にやはり社会に出て、世間と渡り合うこと、これにつきます。競争して悔しがったり、嫌なことは嫌!と自己主張する、これも大事です。

 運動する、次が仕事する、が近道ですが、それぞれの火星のコンディションによって使い方の向き不向きがあります。情熱をもって取り組む、ファイトがわく、やるぞ!という活動全般が火星活動です。

★火のサイン ... 火のサインの火星は比較的使いやすいです。正統派バトル向きで勝負事、スポーツ、仕事にガンガン取り組むといいでしょう

★地のサイン .... 何か作りだしたり、こつこつ積み上げたり、仕事を地道に頑張るのに向いてます。感覚面に優れる傾向があるので、アート方面も良し(特に牡牛座)

★風のサイン .... 大勢との幅広い交流、移動、多量の情報を扱う、ゲームとしての勝負事などが良いでしょう

★水のサイン .... 火星と水のサインはあまり合わず、使いにくい傾向があります。人間関係のトラブルを抱えやすいので、芸術方面、創作活動、育成全般、に使うと落ち着きやすいでしょう。 情熱を注いで何かを育てる、手がけると水の火星は活きてきます

 火星のサインが大まかな傾向なら、ハウスは活躍する方面を表します。それと、アスペクトですね。サイン、ハウス、アスペクトで、使いやすい領域を見ていき、試行錯誤して使っていくしかないです。

最後に私の火星の使い方をちょっと、ご披露します。

 牡牛座で12ハウスにあり、アスペクトは木星とトライン、海王星・冥王星とのヨッドの頂点です。牡羊座の金星とミューチュアル・リセプションなので、牡牛座のみ、というより少し攻撃的な牡羊座っぽい性質を帯びています。12ハウスという場所は、火星からすると実はあんまり使い勝手の良くないハウスで、教科書的には怒りや不平不満を溜め込みやすい配置とされます。恨みがましい、とまで書かれたりします。アスペクトによっては取扱い注意です。

 定期的にストレッチ教室に通い、運動を生活に取り入れているほかは、仕事に使っていますね。裏方の事務屋ですので12ハウス活動です。あと火星・海王星・冥王星ヨッドなので、精神世界関連の密かな探究に使っています。12ハウスはネット・メディア関連なので、創作活動向きですが、あんまりこっちは使っていません。もう一つ、特徴的な使い方としては、ネットオークションです。イーベイやヤフーオークションにはまって定期的に競っています。12ハウスを舞台にした戦いは、相手が見えません。ネットの向こうの対戦相手と直接まみえるわけでないのが、特徴です。目に見えない戦いということで12ハウス火星は裏工作、陰謀にも使いやすいですが、木星とトラインなので、公平なオークションで今のところ、使っています。火星をみれば、その人の得意とする『戦闘スタイル』が読めます。牡牛座の火星は基本、防御向きです。自分からは積極的に攻めませんが、踏ん張る力が強いのでしんがり向き。罠をはって相手がひっかかるのを待ったり、持久力で飲まず食わず狙撃チャンスを狙うスナイバーの資質でもあります。で、私のオークションでの戦い方は時間をチップ替わりにする持久戦ですsunヤフオクですと、相手の仕掛けを半ば無視して、最低落札単位の金額を10分ごとに入札して、相手の根負けを誘います。上限金額と時間を決めておき、例えば100円ごとに延々入札したりします。パソコンの前で雑誌や漫画を読みながら、最長で6時間やったこともあります。競りが終わった後の充実感は火星を使った場合ならではthunder なかなか激しいバトルだと思います。火星を日々使っていると、使い慣れてきて、コントロールが効くようになります。オークションでは、競りで熱くなりすぎず、自分で冷静に引き際を見極められるようになるのです。喧嘩慣れしていると、上手に手加減できるようなものです。

 火星が使えると自分の内側に力を実感できるようになりますよ♪使わにゃ損損ですcat

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2013年4月10日 (水)

火星と天王星の合とIT

 トランシットの天王星と冥王星はずっとスクエアの角度をとり続けています。

 動きの早い天体がこのスクエアに対してアスペクトをとると急激に事件が起きやすくなります。より速度の速い天体は、遅い天体の影響を運ぶ役割を果たすからなんですが、とりわけトランスサタニアンに対して、火星は運び屋になりやすいです。火星本来の動きとして派手に事件化しやすいからです。

  3月の半ば頃から4月に入る辺りまで、牡羊座を運行する火星は天王星と重なり、刺激してました。何か大きな事件があったかというと、世間的には目立った悲惨な事件も起きず、むしろ日本のマーケットは円安・株高と動きがダイナミックになっているくらいです。

 これは双子座を運行している木星が、牡羊座の火星に対してセキスタイルで援護射撃しており、事件化せずにソフトランディングしているからです。

 牡羊座10度近辺に個人天体のある人は、3月中面白い動きがあったはずです。

人それぞれなところはありますが、「自分の苦手分野に集中的に取り組んで突破する」という使い方ができた人が多かったと思います。

天王星と冥王星スクエアの現状突破パワーを火星木星が集中化させやすかったからです。

私個人の体験では火星・天王星の組み合わせに正面から取り組みましたimpact

アスペクトで火星・天王星はテクノロジー・機械モノを表します。IT関係にも明るくなります。この3月、私が取り組んだのはiPhoneとパソコンです。大変、べたな使い方ですが(笑)

 何せiPhone3GSをずっと使い続けてきたにも関わらず、その間1年半ほどの間に一度もパソコンと同期もせず、OSの更新も怠り、という体たらく。恥ずかしながらiPhone5に機種変しても3GSのデータを無事に移行させるのに、えらい苦労しました。原因は容量がたった30GBしかないおんぼろパソコンにiTunesを入れて動かしていたからです。そりゃあ、パソコンが悲鳴を上げますよ。新しいパソコンを買い、新人君の容量は2テラバイト。好きなだけデータを入れられます。同時にiPadminiも購入し、もっぱらkindle本を読むのに使っています。

 快適なIT環境を手に入れるのは私にはハードルが高かったわけですが、火星・木星・天王星・冥王星コンビの助けを上手に借りて何とか乗り切れた感じです。これからちょっとITの動きには目配りする予定です。しかも我が家は相方がIT技術についていくのを億劫がって、私に投げてきます.....まだ40過ぎなのに。

 よほど好きでない限り、年とともに新しい技術についていくのは億劫になるものなので、自戒の意味を込めてキャッチアップしていきたいですねsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

第三の眼の新メンバー ひあり奈央さん

第三の眼に新メンバーが入ります!

ひあり奈央」さんですdiamond

4月14日(日)が最初の鑑定日になります。現在第三の眼は、どなたかがお辞めにならない限り空きがない状態なのですが、私が産休明けで以前のようにお店にコンスタントに出ることができませんので、ヘルプを頼んだ次第です。

 鑑定師で、理想的なのは右脳と左脳がバランス良く連携しているタイプです。

直観・霊感・ヴィジョンを感じ取ったり受信できなければ、そもそも質の良い占いをしているとは言えません。この部分が右脳の働きですね。でも自分が受け取ったヴィジョンを、相手にわかりやすく整理・解釈して伝える部分は左脳が管轄します。

右脳と左脳の連携がうまくいかない、もしくはどちらかが未発達ですと中途半端で支離滅裂な鑑定になってしまいます。ヴィジョンはクリアに受信していても、的確に解釈できない、もしくは誤読してしまう。一方で、占いを一生懸命に勉強して占いの技法と語彙に通じても、ヴィジョンの裏付けがなければ型どおりの無味乾燥な鑑定に陥りがちです。

 ひありさんはまさに右脳・左脳のバランスの取れたタイプです。

 鮮やかなヴィジョンを視つつ、それを自分の中で噛み砕いて咀嚼し解釈する読解力を持つからです。加えて10年以上、占いハウス・デパート占いブース・ホテル催事・自宅など、さまざまな場所で鑑定に携わってきました。使う技法そのものはオーソックスな占星術とタロットの組み合わせですが、王道とも言える取り合わせです。占星術は左脳を強く使い右脳は補完的に使う技法です。タロットは右脳が主導権を握り、左脳は補完的に使う技法で、二つを組み合わせるとバランス配分が整うのです。実際、鑑定をやる方にはこのスタイルが一番多く見られます。

 加えてひありさんはキネシオロジーを併用します。キネシオロジーとは人の筋肉がストレスにさらされると緩む特性を利用して、筋肉反射を調べて心身の調整をする療法です。鑑定でキネシオロジーの併用は多大な効果が望めます。鑑定にいらしたお客様が、自分が何を問題として抱えているか自分でも分からなかったり、また都合の悪いことは隠しているケースでも、筋肉に聞いて確かめることができるからです。まさに「体は嘘をつかない」です(笑)。体は嘘をつきませんが、言葉は嘘をつきます。もとより言葉がカバーする領域は全体の一部分です。言葉では表現しにくいことを救いとるためにも、ひありさんはヴィジョンを受信し、体を通して色々と聞いていくのでしょう。

 言葉は便利なツールですが、同時に言葉によって制限を受けます。まだ名前のついてない未知のことを表現するには不十分なのです。ひありさんのチャートは風のサインが過剰です。風が表わす言語機能が発達しているからこそ、ひありさんは言葉の限界を知っているのでしょう。同時に地のサインも強いので、身体感覚で足りない箇所を補っているケースです。

今回、ご縁あって第三の眼に来ていただきましたが、ひありさんのこれからの活躍が楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

ドラゴンヘッドの相性 その③ ヘッドとテイルの違いとドラゴンテイルの相性

 ドラゴンヘッドの相性に引き続き、テイルと天体の合の相性についても補足して書きます。

コメントでもお答えしたのですが、ヘッドは未来を共有し、テイルは過去を共有します。

こう書くと抽象的なのですが、相性で考えるとわかりやすいです。

 ずばり、テイルと天体の合の相性は、「懐かしさ」や「初対面なのに気になる」といった感じが多くなります。過去世での因縁がある、などの解釈がされやすいのはこのあたりでしょう。過去世での因縁は確かめるすべがありませんので明言は避けますが、とにかく「理由もなく親しみを感じる」ので、出会いの最初は惹かれあうでしょう。ただし、親しみを感じて気安い仲になっても、

  『それ以上、発展しにくい

 のがテイルの相性の特徴です。惰性感があるのですね。なので、自然と縁が切れていきやすくなります。長続きはしにくい傾向があります。ただし、オポジションの天体とヘッド・テイルがぴったりくっつく場合など、複合的に絡み合う相性はまた別になります。

 ヘッドとテイルの相性は、天体だけでなく、ASCやMCも効力があります。

 初対面で親しみを感じるナンバーワン相性はテイルとASCの合です。ASCは初対面で人に見せるキャラクターで、とっかかりだからです。

 私自身も2人の友人とこの相性関係になったことがあるので、良くわかるのですが、最初、出合って互いのことが気になり、すぐに意気投合しました。こう、お互いに感じるものがある、という雰囲気でした。数年はとても仲が良かったのですが、だんだん、お互いの進路が離れ、一緒にいるのが辛くなってきました。共に同じ未来を見れなかったからです。しまいには一緒にいることでお互い、ためにならない感じになり、縁を切らざるを得ませんでした。両方とも私のテイルに対し、相手のASCが合でした。心情的にはとても未練があって、縁を切りたくなかったのですが、一方で冷静にもうご縁はないな、とも判断していました。テイル側の方が未練をより強く持つようです。

 ヘッドの方は、「これから」の相性なので、最初は親しみもへったくれもありません(笑)

一緒に行動を共にしてもそれこそ数年は、何の特別な感情も湧かなかったりします。でも何故か、人生の岐路で一緒にいることが多くなったりします。ニアミスする感じです。そうこうしていくうちに、相手のことが気になり始め、共に過ごす時間が長ければ長くなるほど、一体感が感じられるようになります。ヘッドの相性は

 『共にいるほど発展性がある

のが特徴です。太陽とヘッドが合の、私と相方の出会いを例に出しましょう。出会いは大学の部活でした(合気道部でした)。ところが最初の4年間はただの先輩と後輩で、毎週の稽古中、無言で技をかけ合うだけ。私からしたら「手首がぶっとくて四方投げがやりづらいなあ」「背中に鉄板が入ってるんちゃうか」ぐらいの印象しかありませんでした。相方も「何でこの子は口を利かないんだろう」.....

 親しみどころじゃないですね(o^-^o)

これがひょんなことからお付き合いすることになり、現在に至ります。

一度、進路が離れ離れになっても、また進路が交差しやすいのもヘッドの相性です。

ヘッド以外の部分での天体同士の相性如何によっては腐れ縁になったりもします。

ただし、ヘッド・テイルの相性に限らず、人生を共にするような相性は複数、ひっかるポイントがあるものです。ヘッド・テイルの相性だけではなく、それ以外でも互いの天体が関わりを持っていないか、常にチェックは必要です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

ドラゴンヘッドの相性 その② ヘッドと合の相性の考え方

 以前の記事、「ドラゴンヘッドの相性」にコメントを多数いただきましてありがとうございます。ドラゴンヘッド・テイルを相性で使う際のポイントは意外に知られていないようですね。

 ただ、私の書き方が不十分だったせいか誤解されている方もいらっしゃるようですので、補足を書くことにしました。それからドラゴンポイントは、占星術に携わる人ごとに解釈に幅がありますので、これは私なりの解釈ですよ、と前置きします。

 ドラゴンヘッドと天体が合になる相性の場合、天体側の人がドラゴン側の人に援助を与える傾向がある、と記事で書きましたが、これは現象面としてそういう出方をするだけであって、単純な損得勘定と捉えて欲しくないです。

 チャート上でドラゴン・ヘッドとテイルのある場所は、天体とは違った働きがあります。

 言葉で表現するのは少し難しいのですが、天体はエネルギーの照準が当たったポイント、ドラゴンはエネルギーの受信・送信ポイントといったところでしょうか。ドラゴンはエネルギーが拡散するポイントなので、使い方次第では天体よりも大きな影響力があります。インターネットの電波のアクセスポイントがドラゴンと言えばイメージしやすいかもしれません。

 相性をみる際に、ドラゴン側の方がカギになるのはその影響力の強さ故です。

 またネットのアクセスポイントたる、ドラゴンヘッドと生まれつき個人天体が合になっている人が他者に強い影響力を持つ傾向があるのも同じ理屈です。ネットに乗るためにはアクセスポイント、プラス何らかの受信機器が必要ですが、天体はその受信機器だと考えて下さい。天体と合していると、「ご縁結びWifiルーター」を生まれつき持っているようなものです(笑)ご縁結びWifiルーターでいつでもどこでも広大なご縁世界に向けて受信発信ができたら、そりゃあ、影響力抜群でしょう。

 生まれつきヘッドと天体が合のアスペクトを持たない人は、二人の相性で同じような効果を持つことができます。ドラゴンがアクセスポイント、天体がルーターです。天体側がドラゴンに援助を与えるように見えるのは、天体側を乗り物としてドラゴン側がご縁世界から活力を引き出し、ご縁ネットに乗れるからです。より大きな世界からの影響には強制力があるので、天体側からすると好きに使ってくれていいよ、という感じになります。二人一緒でないと効果は出ません。

 実例を挙げましょう。私と相方の相性です。内円が相方、外円が私です。

 Photo

 基準はドラゴン側ですので、12ハウスの水瓶座のドラゴンヘッドに対し、太陽・水星が合です。

 12ハウスは内面世界、隠された場所、目の前にはいないが果てしなく拡散するネットワーク=メディア、ネットの世界を表します。ネット世界で影響力を与えることのできる相性ということですね。相方がどうやってこの相性パワーを使っているか。

 相方は学校の先生なのですが、刑事コロンボよろしく「うちのかみさんがね」を同僚の先生や教え子たちに繰り出します。職場で話すと異様に受けがいいらしく、ここぞとばかりに話すそうです。目の前にいないが故に「かみさん」のイメージが果てしなく広がるのは12ハウス効果です。さらにブログやFacebookでも夫婦ネタを記事にしますが、これもえらく評判がいい。というか、勝手に鬼嫁キャラを作ってそれが独り歩きしている感じです。12ハウスパワーは隠されていないと効果が半減してしまうので、私は相方の同僚や教え子たちの前に姿を現さないようにしています。

 もう一つの使い方としては、押し売りの撃退ですね。相方の職場にはマンションだの、先物取引だの、営業がいっぱい来ますが、これも「家計は妻が握っています」でいつも逃げ切っているそうです(笑)その場にいない人間でないと、話が進まないというのも12ハウスっぽいです。

 生まれつき12ハウスに太陽とヘッドの合を持つ人でしたら、自分一人でネット上の影響力を発揮できるのに対し、相性パワーは天体側の力を借りて(かみさんの話をして)発揮するということです。例では太陽だけでなく、水星も合ですのでとりわけ話す=ネタにすると効果発揮できるケースです。

 さらにドラゴンはヘッドが未来を表し、これからの人生を共有していくほど効果が強まるので、「うちのかみさん」効果も強くなっていくでしょう。

 ドラゴンヘッドがどのハウスに位置するか、また合する天体の性質とアスペクトの組み合わせで、二人の未来の方向性が見えてくるでしょう。ドラゴンを意識してご縁ネットワークに乗れると人生が滞りなく回っていくので、ドラゴンヘッドと天体の合の相性の人が身近にいないか、探してみて下さい。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

水の支配力と尼崎連続変死事件

 最終的に犠牲者が何人になるのか不明な尼崎の一連の変死事件ですが、あまりの非道さ、酷さに言葉も出ません。それに報道規制でもかかっているのか、主犯の角田美代子被告の背景も生育歴も顔写真すらメディアは出さず、何ぞ出せない大人の事情があるのが推測できますね。

 角田美代子被告の出生データが手に入りませんので、憶測になるのですが、ある時は因縁を付け、ある時は相手のやりたい事業への出資話を持ちかけるなど、脅しと甘言を巧みに使い分けて人に食い込んでいくやり方は強力な水のサインの力を感じさせます。蟹座・蠍座・魚座の水のサインの基本の性質は「くっつく」です。くっつく対象は人とは限らないのですが、人が圧倒的に多いので、「人にくっつく」でもいいでしょう。この水のサインと相性が良く、連動して働きやすいのが、地のサインです。牡牛座・乙女座・山羊座の地のサインは「閉じ込める」を性質を持ち、物質・実務・仕事で表されますが、端的に「お金」で表すことも出来ます。現代社会では、物質的なモノはたいていお金で手に入ります。物質的なモノを凝縮して閉じ込めた象徴が「お金」といってもいいでしょう。

 水と地のサインの連携により、「情」で「金」は引っ張ることが出来ます。というのも、水は何か器=地に入れておかないと単独では存在できないからです。私たちの身近にあまりにありふれているので、意識すらしないことが多いかもしれませんが、人は自分の気持ちが向いた人・こと・モノにお金を使いたくなります。小は子供におねだりされて親がおもちゃを買い与えることから、大は自分が共感するビジネスに投資するまで、原理は同じです。

 「情」の中身が逸脱した場合、当然問題は起こります。「情」は理屈や合理性でコントロールが効きにくいので、そもそも社会が設けているルールからははみ出しやすく、反社会的な性向に傾いたときはそれこそ歯止めが利かなくなります。「情」の中身が恐怖になった場合は、破壊的です。恐怖でくっつく、束縛する、これが支配力の根源です。角田美代子被告が使った手法はまさにこれで、家族をいくつも食いつぶしたのも、血縁家族は情でまとまっているので、芋ズル式に餌食に出来るからです。家族でも疎遠で情のつながりが薄い一家ですと食い込めなかったでしょうね。

 水の支配力に効き目があるのは火のサインと風のサインの力です。火は「はじく」、風は「散らす」性質を持ちます。火と風が強ければ撃退したり(=火)、逃げたり(=風)、出来るのですが、ここまで暴力的ですと、生半可では難しかったろうと思います。

 水のサインの支配力の中でも最も強力な力を持つのは蠍座です。蠍座は固定の水で、持続力や蓄積する力を現す固定サインの力がくっつく性質と組み合わさると、執念で相手に張り付くことになるからです。角田被告は蠍座、もしくは蠍座のルーラー冥王星が強いのでは....と勝手に推測してます。

 蠍座の粘着力に対抗できるサインは実は一つしかなく、同じ固定サインの風、水瓶座です。水瓶座は逃げ続けることが出来る唯一のサインだからです。固定の火、獅子座も対抗できるのですが、戦うために対峙する過程で取り込まれかねない。蠍座は接触したら負け、なところがあります。水瓶座に天体をいくつも持つ人は、強力な縁切り能力を持ちます。粘着されて縁切りしたい時は、水瓶座に頼りましょう。縁をぶったぎってくれます(笑)

 ちなみに私は太陽・水星が水瓶座で、水のサインに一つも天体がありません。そこそこの縁切り資質の持ち主です♪ 3天体ぐらいあるか、もっと重い天体だとさらに強力なのですが、今生きている世代で冥王星・海王星 in 水瓶はいませんので、土星・天王星が水瓶座にある世代が最も強力でしょう。

 尼崎の事件ほど、暴力的ですさまじくはなくとも、粘着されて食い物にされている人は少なくないと思います。以前、飛び込みで鑑定に見えた女性が実父とその親戚に食い物にされている悲惨なケースでした。父親は結婚すると娘から金を搾り取ることが出来なくなるため、ことごとく結婚に反対し、邪魔をしていました。また女性が大金を稼げる職業は限られます。彼女は水商売で働いていました。私は彼女に海外に逃げることを勧め、実際に彼女にはアメリカに伝手はあったのですが、持病を抱えていて決められないでいました。難しい病気で治療のために通院が必要だったからです。医療水準が高く、医療保険制度の整った国でないと移住は現実的でないケースです。今、あの女性はどうしているのか、こういう事件を目にすると、胸が痛みます。条件のあった国に移住するお手伝いが出来れば...今からでも連絡を取って欲しいです。人を食い物にする、クズは捨ててください。たとえそれが親であっても。食いモノにできる娘がいるから自分の食い扶持を稼ごうとしないんです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

2012年6月新月図

 昨日の台風はすごかったですね~ 日本は亜熱帯になりつつあるのが実感できます。

さて6月の新月図です。

20126

今回の新月は、双子座29度(数え度数)で起きます。サインの中でも終わり5度になるとそのサインから次のサインに移る準備段階に入ります。双子座は個人の個性や能力を極めるサイン。続く次の蟹座は、個人性を抑制して皆同じ、という他者や集団への共感と普遍性へとたどり着きます。 双子座にとどまりつつ、集団性を垣間見る双子座最後の5度では、一人で多くの人を相手にするアピール力や流行を扱うことに関係します。華やかさ、人気運にも縁があります。

 サビアン・シンボルは「春の訪れを告げる最初のモッキンバード」

集団の空気を読んで、それを自分の仕事や社会での立ち位置に役立てたり、形にしていく役割を持つ度数です。空気が読めるということは、集団に対し強いアピール力を持ち、流行に乗れる資質で、モッキンバードは空気を代弁して歌うことの象徴です。
 
 新月図では新月は第4ハウスの入り口にあります。
マンデンでの4ハウスは国土や国民の集団的なムード、野党、天変地異を表します。
太陽と月は4・5・6ハウスのルーラーなので、国民のムードを醸成するのは非婚・少子化問題やマーケットの動向(5ハウス)、雇用・労働問題や健康や安全への懸念(6ハウス)あたりが主なものになりそうです。4ハウスの意味は拡大解釈が可能なので、電力の供給といった社会インフラの問題も含めていいかも知れません。漠然とした危機感があぶりだされそうな新月へのアスペクトは6ハウス火星がスクエア、7ハウス土星と12ハウス海王星がトライン。12ハウス海王星は目に見えない漠然とした予兆を表しますが、逆行していますので、内向きで未来よりは過去に意識がいきやすいでしょう。
7ハウスの土星はいわゆる"外圧"、海外からの有形無形の影響で、基本的には他所からの制限・抑圧と考えていいのですが、新月にはトラインなので、制限はむしろセーフティや保護として働く傾向にあります。ただし土星も逆行なので守りに入った安全弁を意味する可能性はあります。6ハウス火星はスクエアなので、雇用問題・健康関連での火種がクローズアップされやすいでしょう。消費税増税や生肉への規制などが思い浮かびます。

 双子座の金星は逆行して、木星に近づいていきます。金星は楽しみや社交、個人的な満足を表しますが、逆行すると目的なく楽しみのための楽しみを追求する傾向が強まります。美意識を洗練させるには良い時期です。
好奇心が強まり、あれもこれもやってみたい衝動は木星の拡大効果で派手で見栄えのするものに関心が出てくるでしょう。出費はかさみそうです(笑)また金星に対して海王星がスクエアになりますのでロマンやスピリチュアル追求の欲求は高まりそうです。日々の生活や現実の人間関係でこの欲求を満たすのはちょっと難しいので、自分磨きや趣味で発散するのをお勧めします。

 サビアン・シンボルとの組み合わせで読む今回の新月のテーマは「安心や確たる拠り所を求める世の中の空気を浮かび上がらせる」ではないでしょうか。

何が安心できるか、またそのために何ができるか、模索しそうな気配がします。それというのも、新月には直接アスペクトしませんが、新月図ではアセンダント上の天王星と天頂の天王星との間でタイトなスクエアが形成され、国や国民の置かれた立場、また政治的な動きとして変革は待ったなしで必要な状況だからです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧