カテゴリー「占いメニュー」の4件の記事

2011年2月 3日 (木)

新メニュー『恒星占星術』初めます

 第三の眼の鑑定メニューに加えて欲しいと一部の方からご要望のありました、「恒星占星術」をスタートします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 2000年もの昔の占星術では、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星の惑星以外に恒星も組み込んでリーディングが行なわれていました。スピカやシリウスなど、有名な恒星は聞き覚えのある方も多いでしょう。
肉眼で天体観測をしていた時代のシンプルな技法ですが、現代では少しずつ見直されてきています。
惑星が地上をサバイバルするパワーだとすれば恒星は天上のパワーを地上にもたらします。
その際、特定の惑星を乗り物か通路のようにして恒星の力は地上に呼び込まれますが、この恒星と惑星の関係を‘パラン‘と表現します。
メニューでは通常のベーシックな占星術リーディングに加えて、惑星とパランになる恒星が人生に及ぼす影響について読んでいきます。
*以前にご予約で鑑定させていただいたお客様 30分 5,000円~ 延長10分ごとに追加1,000円
*初めてのお客様 まず通常の占星術リーディングをする必要がありますので1時間 8,000円~ 
 延長10分ごとに追加1,000円
こちらのメニューはご予約が必要です。恒星占星術では、生年月日と出生場所データは必要ですが、出生時間は必ずしも必要ではありません。
出生時間が不明な方にお勧めです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 惑星を通じて恒星の影響を持ち込むポイントは4つ。東西の地平線と、地球の北と南の軸をつないだ子午線と黄道が交差した上下のポイントです。例をあげると、東の地平線に金星が昇ってきた同じタイミングの時に、この4つのポイントのいずれかに恒星が位置した場合、その恒星と金星はパランの関係にあるとみなします。またこれら4つのポイントが人生の4つのサイクルに相当します。

東=Riseは、30才くらいまでの学習期。

南=Upperは50代くらいまでの働き盛りの時期。

西=Settingは定年後。

北=Lowerは晩年から来世、死後に残る影響。無意識的な衝動。

4つのポイントと惑星と恒星の組み合わせで影響を読んでいきます。

 金星が東の地平線を上昇している時に、反対側の西の地平線にフォーマルハウトが位置していれば、金星はRiseでフォーマルハウトとパランです。この場合、若い時分に感性や美意識にフォーマルハウトの夢幻性や理想主義が表れますので、鋭いユニークな美意識を発達させるでしょう。宝塚やファンタジー世界にはまったりするかもしれません。

 基本的に恒星の影響力は劇薬のような強烈なものです。古代では恒星を使って吉凶を占う時は、凶ばかりで吉意のものは極わずかと見なしていました。恒星のパワーを受け止めようとしても受け止めきれず、生身では弊害の方が多く出やすいからです。鑑定では基本の占星術リーディングと合わせて、恒星パワーに押しつぶされずに乗りこなす方策を探っていきます。

さらに恒星は数が膨大ですので、鑑定ではBradyの64個の恒星に絞って取り上げます。

恒星にご興味のある方、自分に縁のある恒星の影響を知りたい方は、ぜひいらして下さい。お待ちしております。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

ロケーショナル占星術の使い方・考え方-運の引き寄せ方-

Solarmaps2_2

 

ロケーショナル占星術を導入して一か月以上たちました。何人かのお客様に起こしいただき、微力ながら人生の舵取りのお手伝いをさせていただきました。

 今まで様々なホロスコープを拝見してきて思ったことがあります。「この惑星がもっと使いやすいハウスにあったら」もしくは「もっと目立たないハウスにあったら」

もちろん、どのハウスにどんな惑星が位置し、どんなアスペクトが形成されるかによって個々人の違いやその人特有の特徴が出るのですから、それを言ったら本末転倒なのですが、やはり人生の中の”お立ち台”とも呼べる1・4・7・10ハウスに惑星が入っていた方がスポットライトが当たりやすいですし、また本人も意識して使いやすいのです。

占星術で問題解決の方法を探るやり方は、大別して3つあげられます。

① 時期を探る。進行図や経過図で希望の星の配置を探して、そのパワーを利用する方法です。運気の潮目の見極めは大事です。今は雌伏する時期なのか、それとも世の中に打って出るべき時なのか、わかるだけでも対策は立てやすいでしょう。また、トランシット惑星(特にトランスサタニアン)の影響で人生に甚大な変動や事件があっても、一生に一度の貴重な経験と理解できれば、その惑星の影響を積極的に学習し、その後の人生で使いこなすことができるのです。また年齢ハーモニック図もこの範疇に入ります。例えばハーモニック40の図でタイトな合が発現した場合、その合のパワーを40歳時に取り入れることができ、出生図の後天的な書き換えが可能になります。

② 相性を使う。最も応用がききやすいのがこの方法です。自分の出生図と他者の出生図の組み合わせで自分の足りない部分を補強したり、緊張のあるアスペクトを緩和できないか、探ります。他者とは人だけでなく、会社も団体もペットも含みます。例えば出生図で火星が土星と90度しかなかった場合、活力がだいぶ殺がれることになります。ここで飼い猫の生んだ子猫のチャートが、この火星に対しトランスサタニアンが緩和するアスペクトを形成していたなら、その子猫が側にいれば元気がチャージされるわけです。最も動物は人間ほどの影響力は与えないとみなしますので、人間の半分程度と見て下さい。また火・土・風・水や活動・固定・柔軟の元素に偏りがある場合、足りない要素を持つ人が身近にいることで、後天的に補うことができます。

③場所を変える。これがロケーショナル占星術です。出生時間はそのままで、出生地を変えるとハウスがずれていきます。惑星はそのままでハウス区分だけが変わると、本来持っていた資質を発揮する分野・場所が変わるのです!例えば、出生図で太陽が多彩なアスペクトを持っていて6ハウスに位置していたとします。仕事や奉仕といった分野で活躍できる配置ですが、太陽の力が最も弱められてしまいます。ところがこの太陽が1ハウスにくると太陽の持つ力は最大限となり、仕事一辺倒だった太陽パワーを人生全般に拡大することができるのです。太陽が1ハウスにくる国を探してそこに行くと、運命は変わります。暮らすのが一番ですが、短期の旅行でも効果はありますし、まだ暮らしていた間に得た経験や技能が帰国後も、リロケーション・チャートの効果として影響を及ぼし続けます。

通常はこの①と②の組み合わせで対応策を立てていく占星術師の方が多いのですが、私はこれに③の場所を変えてみる技法を積極的に取り入れていく方針です。移動手段が発達して、昔のように生まれた土地から一生離れないという生き方の方が少なくなってきたからです。時代に合わせてスタイルも変えていく必要があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

ロケーショナル占星術始めます!

 第三の眼の占い師プロフィールに新メニュー「ロケーショナル占星術」をアップしていただきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

西洋占星術は「生まれた時間」を元にその人の生来の資質や嗜好、人生の傾向を読み取っていきますが、それに「場所」の概念を導入したのがロケーショナル占星術です。人間は生まれた時間は変えられません。では、人生の傾向や運命も変えることはできないのでしょうか?出生時間は変えられませんが、場所を移動することで望む運を引き寄せることができるのです!

ホロスコープを世界地図に投影したものと考えて下さい。あなたにとって、幸運な国・都市を割り出します。

幸運の国で暮らすのが一番ですが、数日の旅行だけでも効果は充分です。更に直接その場所に行かなくても、関連するものを身近に置いたり、その国出身の人と触れ合ったり、文化や言語について学ぶだけでも効果はあります。

あなたにLuckをもたらす場所はどこか、お教えいたします。

具体例をあげれば、

留学するのに最適な国は?ロマンスが芽生える街は?出張先は自分に何をもたらすのか?興味のある国は自分にどんな縁をもたらすのか?人生を仕切りなおしできる国は?癒しスポットはどこ?リッチになれる国は?等々です。後、これは全ての人に該当するとは限りませんが、危険な事にまきこまれやすい場所もお教えできます(これには個人差があります)

このメニューには、できるだけ正確な出生時間が必要になります。また事前準備が必要ですので、希望日時の2日前までの予約をお願いします。

料金は1時間8千円、延長10分ごとに千円追加になります。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 まずは通常の鑑定メニュー同様、人生の基本的な傾向や気がかりな点についても占星術リーディングしていきますので、プラスアルファのメニューという位置付けです。

 こちらは、出生時間は変えずに出生地を変更して、ホロスコープ上のハウス区分を変えて読む、リロケーションという技法を使用します。惑星感受点は変わりませんが、例えばネイタル・チャートでは太陽が12ハウスという目立たないところに位置していても、リロケーション・チャート上1ハウスや10ハウスのように目立つところに移動する土地では、押し出しの強い、派手な社会運を引き寄せると読みます。

 このメニュー導入のきっかけは、ある予約のお客様です。その方は、結構な難題を抱えていらっしゃって、一朝一夕には問題は片付きそうにありませんでした。それでも何か良い方策はないか、と色々調べて、「運気が大きく変わる国」をお教えたしたところ、大変喜ばれました。いわば、カンフル剤的に使用したわけです。もちろん、使い方次第で様々な読みかたができます。

 下の画像がホロスコープを世界地図に投影した図です。惑星とMC,ASC,DSC,ICそれぞれの組み合わせの直線と曲線が世界地図を走っていますが、例えばMC月とある黄色の直線上の地域はリロケーション・チャートでMCに月が位置する地域を表します。色々な可能性を探ることができる技法ですので、ご興味のある方はぜひ、どうぞ。お待ちしております。

Solarmaps

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

出生時間の調べ方

西洋占星術をやるなら、出生時間は欠かせません。一番確実な調べ方は、母子手帳をチェックすることですが、引っ越しなどで無くす人も多い。後は親・親戚に聞くぐらいしかない...と諦めてはいませんか?意外に知られていませんが、法務局に問い合わせるという方法があります。(後、産まれた病院・産院のカルテを調べる...という方法もなくはないですが、保存期間が短いので現実的ではないでしょう。)出生届を出すときに一緒に提出する出生証明書に生まれた時間や体重を書き込む欄があります。出生証明書を含めた出生届は戸籍簿の付属書類として、届けを出した時の本籍地を管轄する法務局に保管されています。具体的な閲覧方法については法務局の総務課もしくは戸籍課に問い合わせをして下さい。最近はメールでの問い合わせを受け付けています。「出生届を閲覧したいのですが、どうすればよろしいのでしょうか。私が産まれた時、親の本籍地は○○でした。」と問い合わせれば、閲覧方法を教えてくれるはずです。問題は書類の保存期間が27年しかなく、その期間を過ぎると廃棄処分されてしまうことです。また、なぜ閲覧したいのか、理由を問われます。ここで正直に占いに使うため、と答えると閲覧が拒否される可能性がありますので、書類に記載しておかしくない、もっともらしい理由を(友人が占星術の研究用に出生データを収集しているため、とか)ひねり出して下さい。まあ、この辺はお役所仕事です。出生時間の不明な方、ぜひ、調べてみて下さいね。

072マチュピチュ遺跡の中で寝こけていた子犬。可愛い!
黒い影は私です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)